消化器内科

Gastroenterology

消化器疾患(食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・胆嚢・膵臓・肝臓)の全般を対象としています。

【診療内容】

上部消化管

早期食道がん ・胃がんに対する内視鏡検査(経口法・経鼻法)及び超音波内視鏡検査(膵臓がん、胆のうがん、胃粘膜下腫瘍など)、による診断と治療方針を決定します。 また、NBI(狭帯域内視鏡)よる中・下咽頭がん、食道がん、胃がんの早期発見に努めています。胃・十二指腸潰瘍に対する抗潰瘍治療や、ヘリコバクターピロリの除菌療法も行なっています。

 

下部消化管(予約制)

・大腸がんに対する内視鏡を用いた診断と治療方針の決定を行なっています。

・ポリープや早期大腸がんに対する内視鏡的治療は、検査にて治療対象の病変(がん化の可能性があるものや比較的早期の大腸がん)が発見されれば、その場で切除致します。
(ポリープ切除は基本当日帰宅して頂けますが、大きさによっては入院が必要です。)

・ 潰瘍性大腸炎やクローン病などの炎症性腸疾患に対しては専門医による的確な内視鏡診断 と薬物療法・栄養指導などの総合的治療を積極的に行なっています。

肝胆膵疾患

・血液検査(腫瘍マーカー等)、腹部超音波検査、CT検査によって早期発見を行います。また、胆のう、膵臓の精密検査を超音波内視鏡にて行います。

・慢性型肝炎には専門医(土曜日診察)により適応を選択した上で治療を行います。

【大腸ポリープ治療】

大腸ポリープについて

大腸ポリープには腫瘍性(良性腫瘍や大腸がん等)のものだけでなく炎症に伴ってできる炎症性ポリープや、がん化しない過形成ポリープなどがあります。
このうち腫瘍性のものが治療の対象になります。良性腫瘍(がん化の可能性がある)や比較的早期の大腸がんは大腸内視鏡でポリープを切除することができます。
(ポリープ切除は基本的には、外来にて実施しますが、状況によっては入院が必要な場合があります。)

実際の症例

方法は内視鏡的粘膜切除術をご参照ください。実際の症例を見てみましょう。

1

切除前の大腸腺腫(良性腫瘍)の病変です。

2

食塩水を注射し、膨らませたところです。

3

スネアをかけて電気で焼きながら切除します。

4

切除後の潰瘍です。
3~4週間で治癒します。